森と渓流の里、新庄 森と渓流の里、新庄

渓流が育む豊かな自然

“新庄”は、若狭湾をのぞむ美浜町の耳川最上流にある山里です。集落の背後には大御影山など標高800~900mの峰々がそびえ、山頂付近にあるブナ林をはじめ、様々な木々と多くの動物を育む豊かな森が広がっています。

そしてこの森は、一年を通じて豊かで美しい清流を生み出し、さらに、私たちに豊かな農作物をもたらしてくれています。

イワウチワ、イワカガミ、カタクリ、コアジサイ、ユズリハ、シャクナゲなど、多様な植物が林床を形成しています。

ブナ林は、ブナを中心として、カエデ類、ミズナラ、エゴ、トチ、リョウブ、ナナカマド、ヤマボウシ、マンサク、ウツギ類などの高木や低木類が棲み分ける混交林です。

豊かな自然に囲まれた新庄では、美味しいお米も。

毎年6月頃にはホタルの舞う姿も見られます。

滋賀県と福井県の県境を水源とする耳川は、アユ釣りの名所としても知られています。